不動産売却の契約時にかかる印紙税とは? | 日向市周辺の不動産をお探しなら有限会社 大興不動産日向にお任せ下さい。

有限会社大興不動産日向

営業時間9:00~18:00定休日年末年始・GW・盆

不動産売却の契約時にかかる印紙税とは?

印紙税について詳しく知っている方はいらっしゃいますか。

一般的に、印紙税について詳しくない方が多いと思います。

しかし、印紙税は場合によっては数万円になることもあるため、知っておかないと想定外の支出が発生するかもしれません。

そこで今回は、日向市で不動産売却を検討中の方へ、印紙税について詳しく解説します。

 

 

□そもそも印紙税とは

 

印紙税とは、商業取引をするときに作成された文書に課せられる税金です。

課税される文書には、契約書や領収書などの20種類あり、法律で定められています。

課せられる額は、文書の種類や文書に書かれている金額によって異なります。

金額によっては非課税になる場合もあります。

 

印紙税は、作成された文書に収入印紙を貼ることで納めます。収入印紙は郵便局等で購入することができます。

収入印紙はコンビニでも売られていることがありますが、よく売れる金額の印紙しか置いていないことが多いでしょう。

また、金券ショップでも売られていますが、枚数に限りがあったり、税務処理では課税扱いになったりするため注意が必要です。

 

また、印紙税がかかる理由は3つあります。

・文書を作成するときには利益が発生するから

・文書を作成することで、取引を安定させられるから

・軽度の負担をすることで、信用の裏付けになるから

 

そこで「印紙税を支払わなかったらどうなるの?」とお考えの方はいらっしゃいませんか。

印紙税を支払わないと、罰則があり、印紙税の2倍の金額を支払う義務を課せられます。

納めなかった印紙税の税額を合わせると、3倍の金額を納める必要があります。

このように、印紙税は納めないと、3倍の金額を納めなければいけなくなるため、必ず納めるようにしましょう。

もし印紙税を納め忘れた場合はすぐに税務署に申告すると、減額される場合があります。

 

 

□不動産売却をする場合は印紙税がかかる

 

上記の通り、契約書には印紙税がかかり、例外なく不動産売買契約書にも印紙税がかかります。

例えば、1000~5000万円の不動産売買契約書には1万円の印紙税がかかります。

また、契約書は2枚作ることがあり、一般的にはそれぞれで印紙代を負担することが一般的でしょう。

しかし、契約書を2枚作らず、1枚をコピーすることで印紙代を節約する方法もあります。

また、印紙代については系減税額が適応されることがある、通常よりも安くなる場合もあります。

 

 

□まとめ

 

今回は、日向市で不動産売却を検討中の方へ、印紙税について詳しく解説しました。

上記の通り、印紙税を支払わない場合、罰則もあるため、しっかり支払いましょう。

投稿日:2020/03/19   投稿者:-