④空き家売却をお考えの方へ!確定申告について解説! | 日向市周辺の不動産をお探しなら有限会社 大興不動産日向にお任せ下さい。

有限会社大興不動産日向

営業時間9:00~18:00定休日年末年始・GW・盆

④空き家売却をお考えの方へ!確定申告について解説!

「確定申告って、どういうタイミングで必要なのだろう。」

「空き家売却に、確定申告は必要なのかな。」

「そもそも、確定申告ってどういった時に申し込むのかな。」

 

 

このようにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確定申告をしておかないと、申告逃れと言って後々面倒なことになります。

そこで今回は、空き家売却をお考えの方へ、確定申告の必要性について解説します。

 

 

□確定申告が必要な場合とは

 

*売利益が出た場合

 

確定申告が必要な場合は、空き家を売却した際に、購入時よりも増して、利益が出た時です。これを売利益と呼び、この利益が出ると、譲渡所得税が発生します。

この譲渡所得税は、確定申告をして納付しましょう。

ちなみに、税率については、5年超か、以下かで変動します。

所得税は15%~30%に、住民税は5%~15%に変動するので注意しましょう。

 

*特例を使いたい場合

 

空き家売却には、税金対策としての特例があります。

譲渡所得税としての3000万円の特別控除、所有期間が10年を超えた軽減税率特例、相続した空き家に対する特例、などが挙げられます。

それぞれ、必要な書類や適用条件など、確認しないといけないものが必要となります。

特に、注意が必要なのは、特例を受ける際、確定申告書だけでなく、他の書類も必要になるということです。

証明書や契約書など、手続きが多くなるので、特例を使う際は注意しましょう。

 

 

□空き家売却などの手続きをスムーズに進めるためには

 

確定申告の手続きだけでも、多くの書類が必要になります。

複雑な内容の時など、自分一人で手続きを進めるのは、困難かもしれません。

譲渡所得税は、控除を受けられないとなると、かかる税金も高くなります。

不動産会社は、ただ不動産の売買だけではなく、顧客に合った悩みにアドバイスをくれます。

不動産会社によっては、過去の顧客次第で、経験もそれぞれ、強みもそれぞれです。


 

□まとめ

 

今回は、空き家売却をお考えの方へ、確定申告の必要性について解説しました。

確定申告は、手続きは面倒くさいですが、それ以上に得られるものがたくさんあります。

空き家売却の際は、システムをきちんと理解しておきましょう。

不動産会社選びにお困りの方、何かお悩みのある方は、一度お気軽に当社に足を運んでみてはいかがでしょうか。

投稿日:2019/12/18   投稿者:-