①不動産売却をお考えの方へ!売れない物件の原因を解説! | 日向市周辺の不動産をお探しなら有限会社 大興不動産日向にお任せ下さい。

有限会社大興不動産日向

営業時間9:00~18:00定休日年末年始・GW・盆

①不動産売却をお考えの方へ!売れない物件の原因を解説!

「不動産売却で、なかなか売れない。」

「自分の家は、どうして売れないのだろう。」

 

このようにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

物件が売れない理由は、必ず何かしらの原因があります。

きちんと把握して、不動産売却に臨みましょう。

そこで今回は、不動産売却をお考えの方へ、売れない物件の原因を紹介します。

 

 

□売れない物件の原因

 

*買主の内覧が少ない

 

やはり、もともと母数として買主の内覧が少ないと、その分売れる期待値は下がります。

販売図面に工夫が足りない、そもそも広告活動が十分に行えていない可能性があります。

なるべく、具体的に多くの情報を載せることで、買主も実際に住んでいる所を想像しやすくなります。

その中で、しっかりと自分の不動産のアピールポイントを持ち、内覧してみたいと思わせる広告を作りましょう。

 

*囲い込みがされていないか

 

囲い込みとは、契約した不動産会社が他の不動産会社に情報を公開しないことです。

不動産会社も、自分たちに仲介手数料を払ってほしいので、独占したくなる所ですが、これは禁止されている行為です。

もしかすると、自分の物件の情報がしっかりと伝わっていない場合があるので、予め信頼できる不動産会社を選ぶことが大切です。

 

*部屋の内覧でのポイント

 

内覧数はあるのに、なかなか買い手が決まらない場合、内覧に問題があるかもしれません。

部屋の清潔感や、そもそも故障している箇所はないか、自分が慣れてしまっていたが、他の物件と比べて、何か劣っているポイントはないか、もう一度確認してみましょう。

一度、自分が内覧に来た気持ちで、客観的に物件を見てみるといいかもしれません。

 

*値段設定

 

なかなか売却できない場合、査定価格を下げるケースがあります。

しかし、売れない原因が何か分からないまま値下げを行うのは、あまりよくありません。

不動産会社が決めた価格なので、ある程度は適切な価格のはずです。

もしかすると、値下げをして売れる可能性もありますが、一度値下げをしてしまうと、元の査定価格に戻せないので注意しましょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、不動産売却をお考えの方へ、売れない物件の原因を紹介しました。

せっかく勇気を出して、売却した物件であれば、より早く買い手が見つかるといいですね。

不動産が売れない原因は、不動産会社とも相談してみるといいでしょう。

投稿日:2019/12/11   投稿者:-