不動産売却をしたい人必見!築年数によって資産価値はどう変わる? | 日向市周辺の不動産をお探しなら有限会社 大興不動産日向にお任せ下さい。

有限会社大興不動産日向

営業時間9:00~18:00定休日年末年始・GW・盆

不動産売却をしたい人必見!築年数によって資産価値はどう変わる?

不動産売却をしたい人必見!築年数によって資産価値はどう変わる?

 

「売却したい物件がある。」

「築年数は売却金額にどう影響するの?」

このように、お考えの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、実際にいくらで売却されるのかや売るタイミングなど、分からないことは多いですよね。

そこで今回は、日向市・門川町の不動産会社が、不動産売却の際の資産価値と築年数との関係を、売却するコツと合わせてご紹介いたします。

 

 

□売却物件の資産価値と築年数の関係とは?

 

中古戸建て住宅の資産価値は、減少する速度が速い特徴があります。

築年数ごとに分けて見ていきましょう。

 

*築10年以内

 

一般的に築10年で新築価格の半分です。

ただし、住宅が大手ハウスメーカー施工のものだと、価値の現象が少しだけ緩やかです。

 

*築11年~20年

 

築10年でこんなにも減少してしまうのか、と不安に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、同じペースで価値が下がるわけではなく、これ以降の減少スピードは緩やかになっていきます。

およその目安としては、築15年で新築価格の約2割の価格になります。

 

*築21年以上

 

築20年を上回ると、建物としての価値はほとんどなくなります。

また、築30年の戸建ての場合は「古家付き土地」として土地のみの価格として取引されるのが一般的です。

これらは、資産価値を見る際、金融機関における担保評価に大きく影響を受けるためなのです。金融機関が中古住宅に対してローンの貸し出しをする時の評価だということです。

 

□売却におけるコツとは?

 

*築20年以上の物件はアピールできるところを確認する

 

持っていた物件の築年数が長く、建物の価値がほとんどないと落ち込んでいませんか。

しかし、物件にもそれぞれの個性があります。

その個性をアピールすることで、資産価値が高くなることがあるのです。

例えば、家族が多く、部屋数が多いのなら、同じ大家族向けに売り出して売却されるケースがあります。

また子供の成長に合わせて柱に印をつけていたものが、趣あるものとして高評価を受けることもあります。

そのため、どのようなポイントをアピールするかが非常に重要になることを

覚えておいてください。

 

 

□まとめ

 

今回は、資産価値と築年数との関係についてご紹介いたしました。

お客様のお持ちの不動産がどれくらいの価値を持っているのか、ご理解いただけたでしょうか。

とはいえ、1人では不安でわからないことも多いと思います。

当社では、専門家がお客様を全力でサポートいたします。

不動産売却をお考えのお客様は、ぜひ当社までお問い合わせください。

投稿日:2019/11/27   投稿者:-