公簿売買と実測売買 | 日向市周辺の不動産をお探しなら有限会社 大興不動産日向にお任せ下さい。

有限会社大興不動産日向

営業時間9:00~18:00定休日年末年始・GW・盆

公簿売買と実測売買

土地の売買取引には公簿売買と実測売買があります。

 

公簿売買とは?

法務局に登記されている土地の面積を公簿面積と言います。その面積で売買することを公簿売買と言います。公簿売買の場合、後日実測した結果、面積が増減したとしても売買代金は変わりません。

既に精度の高い測量図があり、面積が確認できる場合等に採用します。

 

実測売買とは?

売買契約時に土地の平米単価を決めておき、実測して面積に差異が生じたらその分を精算する契約方法です。

土地面積が広く、測量図がないもしくは測量図の精度が低いとき等に採用します。

 

先日、契約した日向市内の土地で実測したところ、14坪も減ることが分かりました。坪10万円だとしたらなんと140万円もの減額になりますので、一大事ですね。

 

また、実測していつも面積が減る訳ではなく、逆に増えることもありますので要注意です。

投稿日:2019/09/21   投稿者:中村 芳樹