日記

DIARY

日向市の業者が教える失敗しない不動産売却とは?リフォームについて紹介!

 

「所持している物件を売りたいと思っているが、リフォームした方がいい?」

「不動産売却を失敗しないために押さえるべきポイントを教えてほしい。」

不動産を売却したいと考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし、長年使ったため古びてしまった設備や内装を一新してから売るべきか悩んでしまう人も多いはずです。

そこで今回は、不動産売却を行う前にリフォームを行うべきかについてご紹介いたします。

 

 

□リフォームはなるべく避けた方がいい

 

*リフォーム代は売却額に上乗せされない

 

不動産の資産価値に大きな影響を与えるのは「築年数」です。

つまり、大規模なリフォームを行ったとしても築後経過年数が多ければ、希望よりも低い査定価格になることもあるのです。

また、仮にリフォーム代を上乗せした金額を提示したとしても、高額すぎるために買い手が見つからないということもありえます。

 

*購入者の好みが違う場合

 

売り手の好みが必ずしも、買い手の好みに一致するとは限りません。

また買い手は、自分好みのリフォームを前提に購入を検討している場合があります。

このような場合、元からリフォームしていても、買い手は再度リフォームを行ってしまうので、費用が無駄になってしまいます。

 

 

□成功させるためのコツとは?

 

*最低限の修復だけにとどめる

 

障子の穴を埋めたり、壁についた傷をふさいだりするなどの最低限のリフォームにとどめましょう。

次に住む人が気になりそうな部分を見つけ、その部分の補修を行います。

ただし雨漏りしているなどの日常生活に支障をきたす場合、その部分の工事は必要です。

 

*整理整頓、清掃を行う

 

購入を検討している人は、内見を行えます。

実際に見に行った時に、部屋がきれいな状態だと購入に繋がりやすいです。

そのため、部屋をきれいにするようにしましょう。

自力で行う時間や体力がないという方は、ハウスクリーニングを頼むのも1つの手です。

リフォームよりもはるかにかかる金額が低いだけでなく、業者によってきれいにされた部屋は買い手が見つかりやすいです。

 

 

□まとめ

 

今回は、不動産売却を失敗しないためのポイントをリフォームに絞ってご紹介いたしました。

リフォームは最低限に抑え、部屋をきれいにすることを心がけるようにしましょう。

また当社では、日向市を中心に不動産売却のお手伝いを行っております。

日向市付近の環境や地域の雰囲気を把握したうえで、最適な売却を行わせていただきます。

また専門家が見積りを行ったうえ、お客様を全力でサポートするのでご安心ください。

ぜひ日向市・門川町の不動産売却をお考えのお客様は、当社までお問い合わせください。

投稿日:2019/11/22   投稿者:-

住宅ローンが残っている場合でも不動産売却を行える!?

 

「住宅ローンが残ったままでも不動産を売れるの?」

「ローンを残したままで売却する時の方法を教えてほしい。」

不動産を売却したいとお考えの方は多くいらっしゃるかと思います。

ほとんどの方が住宅ローンを組んでいると思いますが、返済が終わっていない状態でも売却は行えるのでしょうか。

そこで今回は、ローンが残ったまま不動産売却を行う方法や流れをご紹介いたします。

 

 

□住宅ローンを残したまま売却する方法とは?

 

*金融機関の承認をもらう

 

基本的にはどのような状況であれ、金融機関に抵当権等の抹消の承認を得ることが必要です。

金融機関はいわばお金を貸している状態なので、返済される見込みがないとなかなか承認してくれませんよね。

ここで重要になるのが、売却時の不動産の金額とローン残高です。

売却額の方が高い場合、金融機関は承認をします。

低かった場合、対応が少し変わってくるので低かった場合を中心にご説明いたします。

 

*売却額が残っているローンより低かった場合

 

しっかりとした手順があれば、承認が下りることが多いです。

手順をご紹介する前に、残っているローン額から売却額を引いたものを残債と呼びます。

この「残債」の処理が要になってくるので、この言葉を押さえて次に進みましょう。

・残債を貯金などで補填できる

残債が残ってしまった場合であっても、売却のお金以外で補填されれば、金融機関にとっては問題ありませんよね。

もし、預貯金や他人からの借入金などで補填が行えるのなら、金融機関からの承認が下ります。

・補填が難しい場合

何かしらの補填方法が見つからなかった場合、任意売却というものを行います。

これは自力で行うのではなく、任意売却を専門とする業者に依頼し、金融機関との仲介を行ってもらいます。

業者の指示に従いつつ不動産を売却し、残債を返済していくプランを立てます。

 

 

□まとめ

 

今回は、ローンが残った状態で不動産売却を行う方法と流れをご説明いたしました。

基本的には売却を行えます。

どうしても難しい場合のみ専門業者に依頼しましょう。

もし残債が残ってしまうという場合であっても、それを少しずつ返済していく方法があるのでご安心ください。

また当社では、日向市を中心に不動産売却のお手伝いを行っております。

日向市付近の環境や地域の雰囲気を把握したうえで、最適な売却を行わせていただきます。

また専門家が見積りを行ったうえ、お客様を全力でサポートするのでご安心ください。

ぜひ日向市・門川町の不動産売却をお考えのお客様は、当社までお問い合わせください。

投稿日:2019/11/18   投稿者:-

最近、門川町城ケ丘の中古住宅の案内が増えております。

高台で2階に大空間の洋間があるのが特徴です。

しっかりした造りの小屋があり、趣味の部屋として使えるのも魅力です。

あとは、リフォーム費用がどれくらいかかるか・・・。

只今見積もり中です。

投稿日:2019/11/17   投稿者:中村 芳樹

実家売却を考えている人必見!手順の4ステップとは?

 

「実家に誰も住まないようになってしまった。」

「管理が大変だから、実家を売れないか検討している。」

このように、ご実家に誰も住んでおらず、管理が大変だと感じている人は多いのではないでしょうか。

遠くにご実家がある場合、休みの日に手入れをしに行くのも一苦労ですよね。

近くにご実家がある場合でも、こまめな手入れは難しいと思います。

そこで今回は、実家売却をする際の手順をご紹介いたします。

 

 

□売却までの4ステップを押さえよう!

 

*ステップ1:不動産会社を選ぶ

 

実家の売却の仲介をしてくれる業者を選びます。

この時、今住んでいる場所の不動産会社よりも、実家が位置する場所の不動産会社にお願いした方がスムーズです。

なぜなら、その地域に根差した会社の方が、地域の特徴や雰囲気をよく知っているからです。

地元の特徴を把握していることで、最適な販売活動が行えます。

信頼できそうな不動産会社が決まれば、媒介契約を締結します。

 

*ステップ2:相続登記

 

親が亡くなった際でも、実家の名義はそのままになっています。

実家を売却する際は、この家の名義を子供の名前に変更することが必要です。

しかし、様々な書類が必要になるので、不動産会社に相談し、司法書士に頼むことも1つの手でしょう。

 

*ステップ3:販売活動

 

業者がご実家をスムーズに売るための活動を開始します。

依頼者は基本的に待つことになるのですが、ここで行うべき作業があります。

それは、実家の清掃・整理整頓です。

買いたい希望者が出た場合、その希望者は内覧をします。

そのため、内覧で好印象を与えられるよう、キレイな状態にしておきましょう。

内覧で好印象を与えられれば、買い手が決まるスピードも速まります。

 

*ステップ4:売買契約

 

買い手が決まれば、売買契約を結びます。

内容に不備がなく両者が納得すれば、署名・捺印をして契約完了です。

 

 

□まとめ

 

今回は、ご実家を売るときの手順についてご説明いたしました。

行わなければならない手続きが多く、大変に思われるかもしれません。

不動産会社との契約以降は、不動産の専門家と協力しながら進めていきましょう。

また当社では、日向市を中心に不動産売却のお手伝いを行っております。

日向市付近の環境や地域の雰囲気を把握したうえで、最適な売却を行わせていただきます。

また専門家が見積りを行ったうえ、お客様を全力でサポートするのでご安心ください。

ぜひ日向市・門川町の不動産売却をお考えのお客様は、当社までお問い合わせください。

投稿日:2019/11/16   投稿者:-

先日、売主様との商談のため、大阪に日帰りで出張してきました。

当初、商談時間を1時間程度で考えていたのですが、思いのほか話が長くなってしまいました。商談の途中で帰りの飛行機の時間に間に合わないと判断し、帰りの時間をずらしてじっくり売主様と話し込みました。キャンセル料で帰りの旅費は割高になってしまいましたが、おかげで売主様との話の中でヒントや今後の課題を見つけることができました。

投稿日:2019/11/12   投稿者:中村 芳樹